おすすめのドリップコーヒー

 

ドリップコーヒーランキング

オイシイ!安い!が揃ったブルックス最強
満点はブラジルとヨーロピアンブレンド!

 

ドリップコーヒーが初めての方はお試しセットがお勧めです!

 

ブラジル(ブルックス)(総合評価:S)

・おいしさ:★★★(満点)
・コスパ:★★★(1杯単価30円)

 

一杯30円で、この美味しさ、コクの旨み。
もちろん豆の量は10グラム。

 

豆の量が8グラムで1杯単価が20円前後の激安ドリップコーヒーを飲むより、30円を出して美味しいコーヒーを飲む方が正解!
ということを教えてくれる一杯です。

ヨーロピアンブレンド(ブルックス)(総合評価:S)

・おいしさ:★★★(満点)
・コスパ:★★★(1杯単価30円)

 

こちらも1杯単価30円。
それでいてブラジルと並んで最高においしいドリップコーヒー。

 

特にお湯を注いだ後も続くコーヒーの香りと、甘みのあるコクを楽しみたい方にお勧め。

 

お試しセットに入っているヨーロピアンブレンドを飲んで、多くの人がブルックスのファンになっています。

アロマ20(アバンス)(総合評価:A)

・おいしさ:★★
・コスパ:★★★(1杯単価19円)

 

豆は8グラムながら、1杯単価は格安の19円!
豆の量が8グラムのドリップコーヒーは「薄い・出がらし・苦いだけ」と斬って捨てている当サイトですが「アロマ20」だけは違いました。

 

その理由は個別包装をしていないところ。
そこでコストカットできているおかげで豆の品質が落ちていません

 

安くて美味しいドリップコーヒーが大量に必要な方にとって欠かせない一杯になります。

コーヒーマニア コク深焙煎(ブルックス)(総合評価:A)

・おいしさ:★★★(満点)
・コスパ:★★(1杯単価48円)

 

とにかく濃厚、コクが深いのが特徴!
その理由は豆の量が15グラムも入れられているからです。

 

・豆の量が10グラムでも薄い
・大きなマグカップで飲んでいる方
にオススメです。

ロイヤルブレンド(ブルックス)(総合評価:A)

・おいしさ:★★★(満点)
・コスパ:★★(1杯単価36円)

 

まるで紅茶のように「上品な香りと甘いコク」を感じられるコーヒー。

 

3時のおやつの時間。
「ちょっとコーヒー以外の飲み物を飲みたいな。」と思った時に気分転換にもなってくれる一杯です。

 

【番外編】

 

ランキングについて

ドリップコーヒーの飲み比べ

 

初めてドリップコーヒーを選んだ時に、まず気になったのは1杯の値段(コスパ)でした。

 

1杯の値段でなるべく30円以下になるものを探していて見つけたのがブルックスの新お試しセット。
これなら1杯29円で合格です。

 

ブルックスの新お試しセットにはモカ、ヨーロピアンブレンドなど何種類か入っています。
最初はまったく味の違いがわかりませんでしたが、50杯くらい飲むと、それぞれの違いがわかるようになりました

 

それからドリップコーヒーにハマりだし、たくさんの種類を飲み比べるようになったのです。
今では、パッケージに書かれている情報を見れば、大体の味の想像が付くほどになりました。

 

このサイトは今までの研究の成果をまとめたものです。
ランキングは独断と偏見ですが、参考になれば幸いです。

 

家で飲むならドリップコーヒーが一番バランスが良い

家庭でコーヒーを楽しむ時、色々な選択肢がありますよね。

その中から、「味」と「コスト」と「手軽さ」の3つのバランスを考えながら、自分に一番合うものを選んでいくと思います。

 

ここであらためて、各選択肢を検討していきたいと思います。

 

インスタントコーヒー

一番安くて手軽だけど、美味しいコーヒーを飲み慣れている人は戻れません。

 

バリスタ

インスタントコーヒーを使っている割には美味しいと評判のマシン。
だけど味は「インスタント以上ドリップ未満」というのが実際のとことです。

 

ドルチェグスト

こちらも新たに登場してきたマシンです。
一部のコンビニで置かれている「濃縮液が入ったカプセル」から作るタイプと同じです。

 

味はドリップに引けを取らないのですが、いかんせんランニングコストが高いです。
結構、高めの豆を買うのと同じくらいのコストになってきます。

 

コーヒー豆×コーヒーメーカー

メーカーは持っているとカッコイイですが、味はいわゆるファミレスで出てくるような感じです。

 

コーヒー好きでコーヒーメーカーで淹れたものが好きな語っているのでしょうか?
風味はないし、焦げっぽい味がするので美味しくないですよね。

 

しかもマシンの管理には手間がかかります。
この選択肢を選んでいる人は多いですが、あんまりコーヒーのことを考えていない人だと思います。

 

コーヒー豆×ハンドドリップ

1杯ずつパックされているドリップコーヒーを、自分で毎回手作りするようなものがハンドドリップです。
新鮮な豆を使えるので、パックされているものより味は美味しいです。
おそらく味に関しては、選択肢の中で、一番美味しいでしょう。

 

ただ、手間も一番かかりますし、最初にドリップの知識も必要ですから、コーヒーが趣味と言えるような人にしか向きません。

 

その手間を考えると、当サイトで紹介しているようなパック型のドリップコーヒーが最も「味」と「コスト」と「手軽さ」の3つのバランスが取れていると思います!