カフェインレスコーヒーの危険性について

ドリップタイプのカフェインレスコーヒーは危険?

カフェインレスコーヒーの危険性について

 

女性の方は妊娠したり、出産後の授乳をきっかけとして、

  1. コーヒーをやめたり
  2. カフェインレスコーヒーに切り替える

という方が多いですね。

 

赤ちゃんに影響が出る期間は、なるべくならカフェインを摂取しないようにした方がベストなのですが、コーヒー愛好家の方にとっては禁煙と同じくらいに難しいことだと思います。

 

それで、少しでも摂取するカフェインの量を減らそうと「カフェインレスコーヒーに切り替える」という選択肢を取られる女性の方が多いのではないかと思います。
ですが、そんな時に一つの落とし穴が待っているのです。

 

カフェインレスコーヒーは危険という意見

ネットでカフェインレスコーヒーを探していると、「カフェインレスコーヒー 危険」という文字を発見したことがある方もいると思います。

 

何が危険なのか、よくよく調べてみると、どうやらコーヒーそのものが危険なのではなくて、カフェイン量を少なくする為に使われている薬品が危険という意味で使われているのです。

 

確かにカフェインレスコーヒーにする為に、薬品を使っているとしたら妊婦には良いわけがありません。

 

ですが、さらに調べてみると、日本製であれば、その危険な薬品は使われていないようなので気にしなくて良いというのが結論のようです。

 

なので、ブルックスのような日本企業が製造しているドリップタイプのカフェインレスコーヒーであれば、薬品の影響は気にしなくても大丈夫です!

 

おすすめのカフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒーには、市販のインスタントのものからドリップコーヒータイプのものまで、色々な種類が販売されています。

 

インスタントのものは、正直言って美味しくないと思います。
おすすめとしては、やはりブルックスのカフェインレスコーヒーです。

 

カフェインレスコーヒー

 

公式サイト の検索窓から

カフェインレスコーヒー
と入力して検索すると簡単に見つかります。

 

口コミの評判も良いのでぜひチェックしてみてください!
値段は80袋で3360円くらいとなっています。

 

本音としてはノンカフェインコーヒーを飲んでもらいたい

おそらく、男性の方であれば、自分の奥さんが子供を妊娠する時は、

  • タバコもやめて欲しい
  • コーヒーもやめて欲しい

というのが本音だと思います。
実際は、女性自身も「できるならやめたい」と思っているのではないでしょうか?

 

コーヒーの場合は、基本的に1日1杯程度でしたら妊娠中でも飲んでもいいと言われますので、お互い妥協してしまいがちですが、本来なら赤ちゃんに影響が出るかもしれないカフェインは摂取しない方が良いのです。

 

そこでお勧めなのが「ノンカフェインコーヒー」です。

 

ノンカフェインコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーは、少しカフェインが残ってしまっているコーヒーですが、ノンカフェインはカフェイン量がゼロです。

 

妊娠中でも授乳中でも、赤ちゃんや母体への影響を気にせずに安心して飲むことができるので心理的な影響も少なくなります。

 

ノンカフェインコーヒーで、あまり美味しいものは売られていないのですが、「ぽぽたん」は非常にコーヒーに近い味なので代替品として最適です。

 

ぽぽたん

 

カフェインレスコーヒーに切り替えようと思ってたけど、「やっぱりカフェインを少しでも摂取してしまうのが嫌だなぁ」と思っていた方は、ぜひ「ぽぽたん」を試してみてください!

ドリップコーヒーが初めての方限定!お得な「お試しセット」があります!

 

スポンサード リンク