KEYCOFFEEのバラエティパック

キーコーヒー ドリップオン(6つの味)

KEYCOFFEEのドリップオン

 

おいしさ
コスパ (1杯48円)※オープン価格
内容量/原産国

まろやかな香味のマイルドブレンド:8g/コロンビア、ブラジル他
スペシャルブレンド:8g/コロンビア、ブラジル他
モカブレンド:8g/エチオピア、コロンビア他
横濱1920 CLASSIC:8g/ブラジル、エチオピア他
氷温熟成珈琲(期間限定):8g/原産地不明

どこで買える

通販ならケンコーコムなど。
お近くのスーパーなどでも販売されています。

総合評価(S⇒A⇒B⇒C) 【 B 】

 

【レビュー】

今回は喫茶店などでお馴染みのキーコーヒーのドリップを飲んでみました。
パッケージには「ドリップオン」と書かれているので、KEYCOFFEEさんでは、そのように呼んでいるみたいですね。

 

そして、今回は何味のレビューかと言いますと、何と6つの味が入った「バラエティパック」というものがありました。
これは私のように「色々な味を飲みたい人にはピッタリ!」ということで、そちらをセレクトしてみました。

 

ちなみに上記に書いてあるように、

  • 豆の量は8グラム
  • 一杯単価は50円弱

なので、それほどコスパが良い商品ではありませんね。

 

まろやかな香味のマイルドブレンド

【パッケージ文】
まろやかな香りとマイルドな口当たり、コク深い味わいで飲み応えのあるブレンドコーヒーです。

 

ブレンドの場合で豆の量が8グラムの場合は、だいたいが「苦くてコクなし、香りなし」というパターンになってしまうのですが、やっぱりこれも同じですね。

 

スペシャルブレンド

【パッケージ文】
苦味と酸味のバランスがよく、豊かなコクとすっきりとした口当りのブレンドコーヒーです。

 

マイルドブレンドよりも苦味が抑えられていて、その分コクを感じることができます。
同じブレンドでも、こちらの方が大分おいしいと思います。

 

モカブレンド

【パッケージ文】
エチオピア モカ特有の甘く芳醇な香りとやわらかな口当りが特徴のブレンドコーヒーです。

 

酸味は強くないです。
その分、やはりコクを感じることができます。

 

苦味も少ないですし、美味しいモカだと思います。

 

横濱1920 CLASSIC

【パッケージ文】
キーコーヒーが横濱で創業した1920年当時の味わいをイメージし、じっくりと時間をかけて焙煎することで、ほろ苦くてやわらかな味わいを実現しました。
古き良き時代が創り上げた、クラシックな味わいをお楽しみくだい。

 

これは口に合わなかったですね。
苦いです。
昔のコーヒーは、これくらい苦かったのかもしれないですね。

 

氷温熟成珈琲(期間限定)

こちらも苦さが目立ちますね。
それ以外は何も感じませんでした。

 

トラジャ ブレンド セレクテッド

本当なら、もう一種類これが入っているはずなのですが、私が飲んでしまったのか、どっかにいってしまったのか。
トラジャブレンドのレビューは残念ながらできませんでした。

 

まとめ

私が好きだったのは「スペシャルブレンド」と「モカブレンド」でした。
バラエティパックではなくて、単品のパックも購入することができますので、その時の参考になれば幸いです!

 

製造者 キーコーヒー株式会社
ドリップバッグの特徴

お湯に浸らないタイプ。
カップに引っ掛ける部分が、しっかりと紙で補強されています。

ギフト用

なし

ドリップコーヒーが初めての方限定!お得な「お試しセット」があります!

 

スポンサード リンク